はじめまして。管理人のHaruです。当サイトに訪問頂きまして本当にありがとうございます。

サイトタイトルにもあるように、私はパチスロでできた借金350万円を嫁にバレずに自力で完済し、ブラックカードを持つまでになることができました。

今これを読んでいるということは、過去の私のようにパチスロ・パチンコで莫大な借金を抱え、この先どうしていいかわからないという状況の方が多いかと思います。

正直に言います。このサイトの記事はすべて私が実際に体験した脚色一切なしの実話。ノンフィクションです。

本気でパチスロをやめたいと思っている方には参考になると思いますので、ぜひ最後まで読んで頂きたいと思います。

スポンサーリンク

パチンコ・パチスロをはじめたきっかけ

本格的にハマったのは大学生の時でしたが、振り返れば子供の頃からパチンコに接していたのを思い出しました。

自分が小学生の頃はパチンコ全盛期と言ってもいいくらいどこのホールも満席状態。父親がよく打ちに行っており、たまにですが私もついて行ってました(近くで座っているだけ)。

今では絶対に考えられませんが、当時は普通に店内に子供がいましたからね。

父親がいつも打っていたのは綱取物語というパチンコ台。天国モードに移行すると狂ったように連チャンし、地獄モードに移行すると閉店までハマり続けることもありました。

こんなのをたまにではあるものの小学生の頃から見ていたので、既にパチンコに対して免疫ができていたのかもしれません。

中学生になってからはホールに行くこともなくなりましたが、予備校生時代に初めて自分のお金でパチンコを打つことになります。

高校2年生からロクに勉強をしなくなり、赤点を連発し始めた私は、有名予備校の1つ「代々木ゼミナール」に入校。

友人とゲームセンターに入り浸り、電脳戦機バーチャロン、ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズ、バーチャファイターなどにハマっていました。

何の自慢にもなりませんが、ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズやスペースハリアーなどはワンコインクリアできましたし、バーチャロンもそれなりのレベルだったと思います(ポケモン図鑑には載っていませんが)。

そしてゲームの合間にちょくちょく打っていたのがパチンコ。予備校の寮生が打っていたこともあり、たまにですが一緒に打ちに行っていました。

当時は羽根物のファインプレー、大工の源さんやモンスターハウス、CR竜王伝説Zといった台がホールで大人気。

CR機はお金がかかるので、メインはファインプレー。ある程度勝ったらCR機を打つといった感じで立ち回っていました。

この時はお金もないため物理的に何万も投資することはできませんでしたし、借金という言葉自体頭にはなかったので特別問題にはならなかったのです。

とまあ勉強そっちのけでクズのような生活をしていたわけですが、なんとかギリギリ滑り込みで私立の大学に入ることができました。

しかし、明確な目的がなくなんとなく大学に入ったため、まともに勉強したのは高校時代と同じく最初の1年だけ。残りはパチンコやパチスロ、酒、ゲームに明け暮れることになります。

ここで大ハマリしたのがパチンコとパチスロです。

思い返せば、今は亡き伝説のパチプロ「池上蓮」を師匠と仰ぐ筋金入りのH。彼との出会いがマズかったですね。

最初はたまに友達と打ちにいくくらいだったのです。大学の授業をサボることもありませんでした。バイトだってしていました。

Hと行動するようになってからは、サークルの仲間と飲み、そのまま翌朝ホールに並ぶなんてことも日常茶飯事。端から見たら最悪の大学生活だったと思います。

当時は毎日のようにイベントが開催されており、高設定台をゲットできればほぼ勝ちが約束されていたので相当甘かったですね。

ただ大学の進級条件が緩かったたため、ギリギリではありましたが、なんとか無事に4年で大学を卒業することができました。卒論はもちろんSTAP細胞の小保方晴子よろしくコピペです。

大学卒業後は長男ということもあり、地元に戻って就職することになりました。

驚異的なスピードで借金は350万円へ

地元に返って働くこと数ヶ月。特に問題を起こすことなく過ごしていましたが、仕事的にあまり忙しくなかったため(適当にやっていたとも言う)、気持ち的に余裕が生まれてきました。

そんな中、仕事も定時で上がれることが多かった私は、大学時代にハマったパチスロに明け暮れるようになったのです

平日は仕事が終わったらホールへ、週末は朝一でホールに並ぶ。まさにクズのような生活。

そして、気づいたときには重度のパチスロ依存症に…と言いいますか、大学時代にすでに依存性になっていたのでしょう。

今思えば勝ちやすい時代だったので、借金するくらい負け続けることが少なかったというだけだったのです。

1枚、また1枚とキャッシュカードが増えていき、社会人になってわずか4年というスピードで、5社合計350万円の借金を作ってしまいました。

しかもその当時の年収は400万円。この状況でよくもまあこんなに借金作ったなという感じで、自分でも笑いを通り越して呆れるレベルです。

それでもなんとか支払いが滞ることはありませんでしたが、「給料日に返済後、即引き出して打つ」というあまりに馬鹿げたことをやっていたため、元金は全く減りませんでした。

そんな中、2014年に導入されたのが年収の1/3までしか借りられないという「総量規制」です。

キャッシュカードが返済専用となり、お金を引き出すことはできなくなりました。しかし給料が安いため、月々払えるのは最低返済金額だけ。

借金自体はわずかずつ減っていきましたが、半分以上が利子で持っていかれるため、「正直いつになったら払い終わるんだろう…」という状況だったのです。

スポンサーリンク

出会いが人生を変えました

困った男性

最低返済金額だけでは一生かかっても完済できない…

給料をすべて借金返済にあてることができればいいのですが、実際には家賃や食費、光熱費など色々お金がかかります。

更には職場の同僚、上司の親戚の冠婚葬祭などが続くと、一瞬で数万円が飛んでしまうような月もあり、本当にギリギリの状態でした。

延滞すると最初は携帯に電話が来るくらいで済みますが、それでも支払わないと最悪カード会社に裁判を起こされ、給料を差し押さえられることもあります。

そうなれば当然、家族・会社にバレることになり、退職、離婚も視野に入ってきます。

それだけは避けたいと思っても、本業の給料はそう簡単に上がるものではなく、昇給はせいぜい年数千円~数万円がいいところ。このままでは状況は変わりません。

頭抱える自分

本業以外に何か稼ぐ方法はないか…

そう思った私はネットで色々調べたところ、「ネットビジネス」という言葉にたどり着きます。

副業でネットビジネスを行い、稼いだ分をすべて借金返済に回す。直感的に「これならいけるかもしれない」と思いました。

ネットビジネスには色々種類がありますが、私が選んだのは「人の役に立つブログを作って稼ぐ」という手法。

自分の本業についてどこよりもわかりやすく解説し、それをネットで配信した結果、本業とは別に毎月20万円以上のお金が入ってくるようになったのです。

更に、ブログの読者から感謝のメールがチラホラ届くようになりました。

久しぶりに○ツールを作成する仕事が来たのであいまいな記憶を確認するため検索していたらこちらにたどりつきました。

こんなに頭に入りやすい解説は初めてです。今から○を学びたいという後輩たちに一度ここから学ぶよう勧めたいと思います。○のサイトではないのにすごいですね。ありがとうございました!!!

早速のご返信、ありがとうございます。

○様に教えて頂いた通りおこなったら2件とも出来ました。

解説付きでとても分かりやすかったです!!!!

ご親切にほんとにありがとうございました!

難しくて諦めそうになってたことも○様のおかげで、全て完成することが出来ました。

今後も○頑張ってみます!

また分からないことがあった時は

○様のサイトを参考にさせてください!!

よろしくお願いします!

非常に分かりやすい説明で、初心者でもデータベースを作成できました。ありがとうございました!これからは検索システムに取り掛かろうと思います。

(可能であればオリジナルデータがDlできれば見比べながらできるので、良いな、と思いました。)

※上の画像は実際に届いたメールの一部を抜粋しています。個人情報の絡みもあるため、一部モザイク処理を施しています。

これを受けた私は

自信ありな自分

もっと人の役に立ちたい!

その一心で作業を続けていたところ、パチスロを打つことがどれだけ時間とお金の無駄で、生産性がないことに気付いたのです。

ホールに行く回数が減るにつれ、肩こりや眼精疲労も軽くなり、副流煙も吸わなくなったこともあるのでしょう。体調がかなり良くなりました。

そしてついにその時は訪れます。350万円の借金を完済することができたのです。

ネットビジネスとの出会いがなければ、自己破産は間違いなかったと断言できます。最悪自殺していたかもしれない。それほど追い込まれていました。

おかげで今は結婚して二人の子供にも恵まれ、一軒家に住むことができています。ブラックカードも持つことができるようになりました。

正直、この一連の流れをネット上にアップするのは非常に迷いました。

なぜなら名前は出さないものの、パチスロ依存症だったこと、借金が最大350万円あったことを世界に向けて公開することになるからです。

パチンコやパチスロを打たない人にとっては、キチ○イ扱いされても仕方ないレベルですからね(笑)。

ただ過去の私のように、パチンコやパチスロで莫大な借金を作ってしまい、困っている人がたくさんいることを知り、少しでも役に立てないか、そう思ったのです。

今この記事を読んでいる人に伝えたいことがあります。

  • 犯罪には手を染めないでください
  • 自ら命を絶たないでください

つらいのは十分わかりますが、人騙してお金を稼ぎ、借金を完済しても必ず後でしっぺ返しを喰らいます。

それに自殺したらそこで人生終了です。家族からしたらたまったもんじゃない。いい大人なんですから、するにしても自分のケツくらい自分で拭いてからにしてください。

今これを読んでいる人の中で、当時の私より借金がある方はいるでしょうか?

年収400万円で借金350万円だった私が言うんです。絶対に諦めないでくださいね。

このサイトでは私が借金350万円を作り返済するまでの軌跡、そしてパチンコ・パチスロ依存症を克服したい、借金を完済したいという人必読の記事を数多く取り揃えています。

もし本気でパチンコ・パチスロを辞めたいと思っているなら、ぜひ目を通して頂きたいと思います。

最後にあなたに伝えたいことがあります。それは、そう思った時が人生で最速であるということです。

これをきっかけにして残りの人生を借金とは無縁の生活にしませんか?

あなたにとって「昨日がホールに行った最後の日になる」ことを心から願っています。

 

【嫁にバレずに借金350万完済】パチンコパチスロ依存症克服からブラックカード入手までのすべて

管理人Haru

スポンサーリンク