人生の地獄モード突入確定

現在の状況を確認します。

4号機吉宗の天井狙いをした私でしたが、手持ちの金が尽きてしまいました。

あと4000円あれば天井に到達する…そこで手を付けてしまったのが、おまとめローンのカード

200万円の枠の内、他社カードの返済にあてた130万円の残り、70万円が引き出せる状態にあったことに気づいてしまったのです。

これがさらなる地獄の始まりとなります。

スポンサーリンク

止まらない借り入れ

一度おまとめローンのカードに手を付けたことで、借りることに何の抵抗もなくなってしまいました。

慣れというのは本当に恐ろしいものです。リミッターが解除された私を何人たりとも止めることはできません。

その日以降、毎日仕事が終わったら速攻パチンコ屋に行き、休みの日は朝から並んで勝負する、そんな毎日を過ごすようになります。

全く喜べない話ですが、依存症のレベルがまた一つ上がった感じです。

なにせ枠はたっぷりあるわけですから。水を得た魚のように私はホールに通い続けました。

結果どうなったかは、今これを読んでいる方の想像の通りです。

4号機時代は理論通りに打てばトータルでは負けなかった

私は4号機の全盛期でも周りが爆裂ストック機を打っている中、ハナビのようなAタイプばかりを打っていました(今思えば本当にもったいない事をしたと思っています)。

4号機のAタイプには基本天井はありません。特にハナビ(推定設定5)ではBIG間で最高2700G近くハマったことがあります。

ただ設定判別などを駆使して高設定を打ち続ければ確率は収束していき、トータルでは勝つことができていたのです。

それらの機種が撤去されてからはストック機種がメインとなります。

ストック機種には天井機能が搭載されており、「○ゲームまで回せば必ず当たる」という台がホールの大半を占めるようになりました。

また、「理論上◯ゲームから打てば期待値は△円」というデータが雑誌やネットでも普通に手に入る状況だったのです。

つまりそれに則って、条件に当てはまる台だけを打ち続ければ、1日単位では確率の偏りにより負けることがあっても、トータルでは(長い目で見れば)負けない、ということになります。

会社帰りにパチンコ屋をめぐり、該当する回転数が落ちていたら打つ。なければ打たない。

雑誌には止め時までしっかり出ていましたので、時給換算するとバイトなんてやる気が失せるほどでした。試行回数が増えていくとたまに大爆発することもあります。

ハイエナできそうなホールをいくつか押さえておき、毎日数時間打つ。これだけで年間数百万円勝つことも可能な時代だったのです。本当にいい時代でしたね。

スポンサーリンク

ただ依存症にとっての現実は…

ネットや雑誌で誰でも簡単にハイエナ情報を見ることができる。これは同時にライバルが非常に多い、ということを意味します。そんな簡単に美味しい台は拾えないということです。

ホールを徘徊していて困ったのは、中途半端な回転数で落ちている台が結構あるということ。

例えば「800Gから打てば理論上5000円のプラス」という台で650Gとかで落ちている、といったものですね。

当時の機種は大体1000円で平均30ゲームくらい回すことができたため、この150Gの差は5000円に相当します。

つまりここから打ち始めると、理論上、プラスマイナスゼロのため打つ意味がないということになるわけです。

トータルで勝ち越している人はここは絶対に妥協しません。しかし当時の私を含め、パチスロ依存症の人間は

自信ありな自分

プラスマイナスゼロ…良い方に転がれば軽く数万にはなる!

などと意味不明な解釈をして打ち始めてしまうのです。

確かに連チャンモードに突入してBIGに偏れば、1時間で5000枚なんて普通に吐き出すこともありました。

ただ逆にバケに偏れば100枚程度。更に単発で終わろうものなら地獄絵図であったことも事実です。

人生の地獄モードに突入

負けが込み、イライラして自制がきかなくなった私は、ATMとパチンコ屋を日に何度も往復して、閉店までレバーを叩き続けます。

一体何のためにこんなことをしているのか。もう自分でも何をやっているのかわけがわからない状態です。

そんなことを続けているうちに、なんとおまとめローンの70万円の枠を使い切ってしまいました。

おまとめローンを利用して金利を下げ、返済をスムーズにするどころか、逆に70万円借金が増えてしまったのです。

ここで状況を確認してます。

  1. 3社130万円の借金を200万円のおまとめローンで返済
  2. その後おまとめローンの残り70万円をパチスロで使い果たす

この状況はヤバイなんてものではありません。

自分で今この記事を書いてて「お前大丈夫かよ」と本当にツッコミたくなるレベルですよね。

だがここまで来てもまだ私は目覚めません。

打つ金もないのに、「今日はどこで何を打とうか」、それだけを考えて日々過ごしていました。

そんな私にまた新たな魔の手が迫っていたのです。

NEXT:クレジットカード現金化は危険で違法?振り込まない悪徳業者もいる?

スポンサーリンク