地獄の底に落ちて残ったもの

おまとめローンのカード枠200万円を使い切った私は、非常にヤバイものに気づいてしまいました。

そう、おまとめローンで完済した3枚のカード合計130万円です。

利用停止や解約、ハサミを入れるなどしていなかったため、実はいつでも引き出せる状態にあったのです。

現在の状況は借金200万円。年収400万円。仮に3枚のカードの枠を使い切った場合、実に330万円の借金を抱えることになります。

控えめに言っても、死ぬほどヤバイ状況であることは間違いない状況です…。

スポンサーリンク

増えていくキャッシュカード~1枚、また1枚…

先ほど話したように、おまとめローンで完済したキャッシュカード3枚を合計した金額は130万円。小刻みに震える手でセブンイレブンのATMに1枚のカードを挿入しました。

これに限ったことではありませんが、何をするにも最初の1回目は非常に大きな力が必要です。

しかし…1回でもやってしまったら、そのハードルは驚くほど低くなります。

早速10万円を下ろし(この時点で既におかしい)、パチンコ屋に直行。気持ちが大きくなったのか、台の選定も適当になっていました。

毎日のようにパチンコ屋に通う私。

負けて負けて負けて負けまくった結果、あっという間に3枚のカード合計130万を使い切ってしまったのです。

パチンコ・パチスロ依存症ではない人間がこのブログに来ることはまずないと思いますが、普通に聞いたら本当にありえないレベルと言っていいでしょう。

この馬鹿げた行動をとったのは紛れもない過去の自分ではありますが、正直自分でも信じられないほどです。

爆裂AT機を打ち、当然のように天国をスルー。仮に天国モードに入っても連チャンせず即抜け。

正直運にも見放されていたな、とは思います。50%も悪い方ばかりに偏っていました。

そんなこんなで、更にクレジットカードのキャッシング枠20万を加え、作った借金はなんと…

5社合計350万円。多少の高級車でも、普通に新車をキャッシュで買えるレベルです。

ここまで読んだ人の中には以下のように思うかもしれません。

まあさすがにここまで来たんだから、パチスロはやめたんでしょ?

それでやめていれば苦労しません。やめることができていたら、わざわざブログなんて立ち上げていません。

その後もパチスロ三昧の毎日は続きました。

  1. 給料日の週にボロ負け
  2. 残りの3週間カップラーメンなどでなんとか食いつなぐ

このパターンを延々と繰り返していました。もう人間の最底辺といっても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク

それでもパチスロが打ちたい…

自分で言うのもなんですが、ハッキリ言ってパチンコ・パチスロ依存症者の中でも、ここまで酷い例は稀ではないでしょうか。

この状況になる前に

  • 親に肩代わりして払ってもらう
  • 自己破産する
  • 命を絶つ

など、なんらかの行動を起こすパターンがほとんどだと思います。

今は総量規制があるため、年収の1/3以上は借りることができません。ただ当時は違いました。

総量規制とは?借金は原則、年収の3分の1までに制限される制度

パチスロにもある天井がキャッシングにはなかったのです。

それでも私はパチスロを打つ衝動に駆られる。精神科に入院するレベルです。

明けても暮れてもパチスロ。キャプテン翼のボールは友達よろしく、私の友達はコインサンド。恋人はサンタクロースならぬコインサンド…

このコインサンドにこれまで何本の諭吉、漱石を流し込んだことか。台に何枚のメダルを投入したことか。

考えてみればパチンコ・パチスロに使った金額は借金の350万円ではありません。

月々の給料やボーナスまでほとんどぶち込んでいたため、トータルすると1000万円は軽く負けているでしょう。

そしてそれにかかった膨大な時間。時間はお金で買うことができない。命の次に貴重な貴重な物。

日によってバラツキはありましたが、1日平均3時間は打っていたため、なんと4年で4380時間という時間と1000万円以上の金を失ったことになります。

何か資格を取る、好きなものを買う、海外旅行に行く、キャバクラで豪遊する(正直興味はないがありませんが)。正直これだけの時間と金があれば何でもできたと言えるでしょう。

そんな私に残ったものは…?

もう私には何も残っていない…いや残っていました。

借金と眼精疲労、肩こり、ストレス…何一つ嬉しくないものばかり。加えてこれもパチスロ依存症の人に多いのですが、友達と疎遠になっていきます。

やはり「借金がある」という後ろめたさもあるのでしょう。

周りはお金に困っていない場合がほとんど。ましてや40歳にもなれば役職付きで年収1000万円なんて人も決して珍しくありません。

一方の自分。情けないことに飲みに行くお金すらないわけです。飲み会に限らず、自分から誘うということ自体なくなっていきます。

飲み会だけではありません。どこかに遊びに行ったり、結婚式のご祝儀すら払うお金がなく、「仕事が入ってしまった」などと嘘をついて参加しない。

付き合いが悪くなった結果、友達もいなくなる。やることはパチスロしかない。だから打つ、負ける。借金する…まさに悪循環。

もう来るところまで来たという感じですね。

だが…このままで終わらない!

以上、ここまでがパチンコ・パチスロで借金350万円を作ってしまった経緯です。お付き合い頂きありがとうございました。

もう目も当てられない状況ですよね。今借金がある人ですらこれを読んで「こいつ終わってんな」と呆れているのではないしょうか。

自分でも思います。底辺中の底辺だったと。

だが物語はここでは終わりません。

借金350万円で年収400万。地獄の最深部から奇跡の復活劇が幕を開けます。

地獄から生還し、ブラックカードを入手するまでの軌跡を超具体的に解説していきます。

NEXT:地獄からの生還~借金350万円を完済するまでの軌跡

スポンサーリンク